ニゾラールは水虫に対して効果的な抗真菌薬の一種です。効果が高いことが評判で、副作用も少ないため水虫治療によく使われています。水虫治療にどのように使うかについて解説いたします。ご参考下さい。

  • ホーム
  • ニゾラールを使うと水虫はいつ治る?

ニゾラールを使うと水虫はいつ治る?

女の脚

ニゾラールはケトコナゾールを主成分とした抗真菌薬で、一般用医薬品としても用意されていることから、近所のドラッグストアなどでも購入できます。
内服薬は存在せず、クリームやローション、スプレーといった形状で販売され、自分に合ったもの、使いやすいものから選択できます。
ニゾラールは抗菌スペクトルが広いので、水虫に限らず真菌の種類であれば、様々な皮膚症状の治療を行うことができますが、外用薬となることから皮膚内に侵入した真菌に成分を届かせるには時間が必要です。
特に水虫は角質より下の層に入り込み増殖するのに加え、靴を履くことで蒸れやすい環境にあることから原因菌となる白癬が活発化しやすい状態にあります。
そのため、治療までの期間は非常に長く、少なくとも3ヶ月は毎日塗り続けることになります。

水虫には指の間に発生する趾間型、足の側面などにぶつぶつができる小水疱型、かかとが角質化して硬い皮膚となる角質増殖型、爪の中に侵入して繁殖する爪白癬があります。
最初の趾間型、小水疱型はどちらも深く入り込んでいないので、クリームなどでも効果がありますが、角質増殖型や爪白癬は硬く深い層に入り込んでいるため、クリームを塗っただけでは完治することは難しいです。
角質増殖型は皮膚が硬くなっているため、成分が浸透しづらい状態にあり、尿素などで柔らかくするか、浸透しやすいローションを使用します。
爪白癬では角質が異常化した爪に阻まれて成分が届かないので、治療はほとんど絶望的となります。
外用薬で治療すると、爪が生え替わるまで塗り続ける必要があるため、最低でも1年以上はかかると言われています。
この場合は体内から成分を届かせる内服薬のほうが効果があるので、病院で処方してもらうことをおすすめします。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧